/*トップ記事一覧*/

life plus+

生活にちょっとでも役に立つ情報を提供するブログ

徹夜して感じた体への影響

f:id:azlife:20161108214219j:plain

こんにちは、あずです。

本日は徹夜明けで一日中寝ていました。


仕事の方が忙しく徹夜もしたので、ブログを2日間更新することができませんでした。
4日間で合計8時間程度しか寝れませんでした。


自宅に帰っても寝るだけで、仮眠程度で直ぐに出発なんてことも・・・
毎日ブログ更新が目標だったのに残念です。


そんな徹夜した期間に感じた、体の影響やデメリットなんかを紹介します。


集中力の低下


徹夜した方がが時間あるので、仕事が進むかもしれません。
ですが集中力が自分でもわかるぐらい低下します。


作業をしようにも常に睡魔が付きまといます。
振り払って、振り切ってもまた睡魔はやってきますね。


眠気と戦っているようじゃ作業なんて一向に捗りません。


こまめな休憩が必要

f:id:azlife:20161108214242j:plain


もし、あなたが徹夜をしないとイケなくて


眠いけど作業しなきゃいけない・・・


そんな時でも気分をリフレッシュしたいなら
こまめな休憩や仮眠を取ることをオススメします。


仮眠を取るときは、完全に寝てしまってはダメです。
15分程度〜30分程度の睡眠にしましょう


それ以上の睡眠は体をダルくしてしまいますよ。


私がよく利用する方法は、机の上に腕枕して寝る方法です。
これだと長く寝ようにも腕が痺れたり、体が痛くなってくるので、15分程度で体が勝手に起きてしまいます。

記憶力の低下


集中力の低下と同じく記憶力も低下しますね。


学生なら試験前に徹夜するなんてことはありますが。
徹夜で勉強しても全くといって知識はつくことは無いでしょう。


徹夜で勉強するくらいなら、その日は早く寝て朝早起きしてから勉強したほうが効率的です。

頭痛や幻覚など体が異常をきたすようになる


f:id:azlife:20161108214313j:plain


先日も36時間以上起きていました。
それから、車で帰宅する時にこんな事を感じました。

  • 街のライトが必要以上に眩しく感じる
  • 物陰や電柱などが一瞬人にみえてしまう。
  • 不思議と眠くない


「事故を起こしてはいけない、人を轢いちゃ駄目だ」と強く思っていたので
物陰や電柱などが一瞬ですが人に見えてしまいました。


やはり緊張感が強いと不思議と眠くなりません。
なので徹夜は必要以上に体力を消耗している事になります。

常に寝たいとしか思わなくなる


何もしていても、寝たいの感情が頭を駆け巡ります。
からだが悲鳴を上げている証拠です。


それ以外にも体がだるくなったり、何事にも消極的になりマイナス思考になります。

まとめ


やはり徹夜はするものではありません。
活動できる時間は増えますが効率が悪くなってしまいます。

なにより体を壊してしまいます。

仕事や学業、生活していたら徹夜しなくてはいけない日はあります。
体を壊さないようにうまく体と付き合って、生活してこうと思います。