/*トップ記事一覧*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

life plus+

生活にちょっとでも役に立つ情報を提供するブログ

【レビュー】漫画「逃げるは恥だが役に立つ」1巻 を読んで結婚って良いかもしれないと感じた

レビュー  マンガ


最近ネットで流行っている「恋ダンス」
その漫画の「逃げるは恥だが役に立つ」を読みました。


放送前から私の好きな星野源さんとガッキーが主演だと知って
主題歌もYOUTUBEで何回も聞いていたのですが・・・


結局のところ今放送中のドラマは一回も見れていません。
そんな時キンドルでマンガが無料だと知り読んでみました。

逃げるは恥だが役に立つ


あらすじ

森山みくり(25歳)、彼氏なし。院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切り、ただいま求職中。
見かねた父親のはからいで、独身の会社員・津崎平匡(36歳)の家事代行として週1で働き始める。
両者ともに快適な関係を築いたふたりだが、みくりが実家の事情から辞めることに。
現状を維持したい彼らが出した結論は、就職としての結婚――契約結婚だった!

二人の距離感が面白い


仕事として結婚することになった二人ですが、話すときも敬語で話し合ったりと、普通の結婚とは違う契約結婚をした二人
劇中でもその関係は「雇用主」と「従業員」と説明しています。


そんな普通ではない結婚生活をする二人の、不思議な距離感が話をとても引き込ませてくれます。


家族や友達の前では普通の夫婦を装って生活する二人、だけどどこかギコチなく違和感のある二人のやりとり
でもそんな会話の中にまぎれている、二人の信頼関係を表す言葉の数々


そんな二人も結婚を堺に、お互いを意識するようになる描写が数々描かれています。
少しじれったいけれど、それがまた良い雰囲気を出していました。

結婚について様々な悩みを抱えるキャラクター達


漫画内の中には、他にも結婚について悩みを抱えているキャラクターが登場します。
50代で独身処女のみくりの叔母さんや、結婚に対して冷たい意見のイケメンの同僚など

それぞれが結婚に対して悩みを持っていて、主人公を含めいろんな角度から結婚について考えさせられる漫画


また登場するキャラクターたちが実際にいそうな設定なのも面白い。

まとめ


私もみくりと同じ25歳ということで、これからの結婚について少し考えさせられます。
相手の津崎さんの意見も男性として、同意できる部分もありとても感情移入できました。


2巻以降はその二人のギコチない関係からどのように恋に発展していくかが見どころになるかと思います。
これを気にドラマも視聴してみたくなりました。


(12月7日現在キンドル版が無料です!!)